「河太郎」といえば中州のいけす料理の老舗です。東京からの友人と博多山笠を早朝の追い山まで過ごすコース、一軒目のテーマは「河太郎で呼子のイカを食す!」サブタイトル?は東京でこれほど活きのよいイカは珍しいから・・・・。「河太郎」は店の中央に大きないけすがあり、お姉さん方も和服です。

活き造り、刺身をとったあとの足は未だ動いているんです。透明なお造りがでてきました。「うん、旨い!!!」冷酒とぴったり!お刺身の後、足やエンペラは焼物か天ぷらをチョイスできるので、天ぷらにしていただきました。酒は冷酒!

以前、唐津にドライブしたときに、呼子漁港で“イカの活き造り”を気軽なお店で食べたことを思い出しました。博多山笠、追い山を楽しむツアー、「河太郎」の後は屋台へ繰り出しました。