思えば、昨年末に我が家にやってきたのに、すっかりなくてはならない存在になっている薪ストーブ。

今シーズンの火をつける前に、ファイヤーワールド福岡・五大さんにメンテナンスをお願いしました。

五大さんは、古民家の我が家に薪ストーブをいれるにあたって、”検索”、“訪問”・・・・・ご縁があった会社で、昨年末の設置工事の様子はこちらでご覧くださいな。

 

さて、秋晴れの日。午前10時からメンテナンスが始まりました。鎌倉の家には暖炉があるので、メンテナンスは煙突掃除のみと思っていましたが、嬉しい予想外・・・・・部品からの手入れからスタートです。

 

薪のカスをチェック!燃やし方が上手・・・と褒められ、薪係さん!?エッヘン( ^)o(^ )

おかげさまで新品同様になりました。

 

次は屋根に上って、煙突掃除です。

 

約2時間の作業でしたが、ストーブがとっても喜んでいました。

五大さんお疲れ様でした。ありがとうございます<(_ _)>

はやく、火をつけたいな~~。

蓼科の友人からは薪便りが届きましたが、福岡はまだまだのようです。